他の英会話カフェとの違い

流行りの英会話カフェ

観光客だけではなく、働きにやって来る方も含め、「海外から日本に来る外国人」の数は、今後減ることは無いでしょう。そんな中、「外国人とコミュニケーションできるようになりたい」と思っている方は多いんじゃないかな?

世の中には、DVDなどの英会話教材、オンラインで学べる英会話スクール、海外への英語短期留学、リアルな英会話学校など、様々な手段で英会話を学べる方法があります。私たちが提供している「英会話カフェ」も、メジャーではありませんが、その一つ。

それぞれの方法に、メリットとデメリットがあるので、最終的に到達したいレベルや予算やかけられる時間などを考慮して選べばよいと思うけれど、「英会話カフェ」が目指すべきレベルは、日常のフランクな会話。時間も割と自由だし、料金も手頃です。

英会話カフェの落とし穴

東京でも「英会話カフェ」と呼ばれるお店が増えてきていますが、そのほとんどは「会話中心の、グループレッスン」と、なんら変わりません。つまり、「実際に使える英会話の練習」にはならないんです。「講師がいる環境で、会話する」ということ自体、私たちが生きるこの世界には存在しないので、その環境での英会話にどれだけ慣れても、残念ながら実生活では使うことができないの。

世間一般の「英会話カフェ」のほぼ全てが、場所が「教室」じゃなくて「カフェ」っていうだけで、やってる内容はレッスンと同じ。

「外国人がテーブルに座って、あなたと話をするのを待ってる」なんていう状況、実生活ではあり得ないし、日本人しか入ることができないっていうのも不自然だし。私たちが生きるこの世界は、もっとランダムで、予測不能なものだから。

カフェバイロンベイは、所謂「英会話カフェ」とは違って、より自然な環境下で英会話の練習ができる、「英語が公用語の飲食店」。

BGMに音楽が流れていたり、周りの人たちの話し声が飛び交っていたりと、シーンとした「教室」とは大違いなので、レッスンに慣れてしまっている人からすると「うるさい」「会話が聞き取りづらい」と感じるかもしれないけれど。そういう環境下で英会話の練習をするからこそ、「外の世界に出ても通用する、本物の英会話スキル」を身につけることができるんです。

講師やスタッフへの依存

加えて、「自らが努力することなく、100%受動態(受け身)でも、何とかなるレッスン」とは違って、「自分が主体的になって(率先して)、ちょっとだけ努力する必要がある」っていうのも、Cafe Byron Bayに足を運ぶ人たちがどんどん英会話のスキルを上達させていく、大きなポイント。日本で英会話を学ぶ人たちに多いのは、「講師が話を振ってくれない限り、自分からは一切発言できない」というものだけれど・・。それでは、本当の意味で「英会話ができる」ということには、ならないと思いませんか?

日本で生まれ育った人たちには、シャイな人が多いので、尚更「講師に依存せず、自分の力で会話をする練習」は、英語のスキルを身につける以上に、超重要。

レッスンしか受けていないと、「講師に依存した状態」が永遠に続くので、どうしてもレッスンの外に出て、自立するための練習が必要なんです。そして、それは「英会話スクールで開催されるレッスン」「やってる内容がレッスンと変わらない、巷の英会話カフェ」ではなく、Cafe Byron Bayだからこそ、積むことができるトレーニング。

こういうことを言うと、「そうは言っても、自分の英語に自信もないし・・」という声が聞こえてきそうだけれど、だからこそ、Cafe

Byron Bayみたいなお店が存在するわけでさ。

依存から自立へ

レッスンの講師とまではいかないけれど、私をはじめ、うちのスタッフがケアしてくれるので、「100%、自分の力だけでやらなきゃいけない」わけではなくて、「少しだけ、自分でもトライしてみる必要がある」のが、Cafe Byron Bayのバータイムなのよね。要するに、「レッスンや講師に、依存している状態」から、「自立して、自分で英会話ができる状態」に、移行するための場所。だって、いくらレッスンの外に出ることが大事とはいえ、いきなり六本木の外人バーに乗り込んで英語を喋ろって言われても、無理でしょ。ハードル高すぎだし、私でも嫌だもん、そんなの。苦笑

もちろん、全く英語が喋れないという超初心者の人からすると、Cafe Byron Bayのバータイムですら、「怖すぎ!無理!」ってなると思うので・・。超初心者の人は、ある程度英語での受け答えができるまで、レッスンの中で練習を重ねるのがいいとは思うよ。けれど、何度も言うように、本当に英会話ができるようになりたいと願うのなら、やっぱりどこかしらの段階で、「レッスンで学ぶのと平行して、リアルな環境で英会話の練習を始める」必要があるのよね。

ちなみに、「もうちょっと、上達したら。準備ができたら、そうする」と思っているなら、その考えは今、この瞬間に捨てた方がいいよ。

だって、「準備ができる日」なんて、永遠に来ないのだから。